セラピールームダヤ ロゴ

tel.090-7309-1009

New&blog

お知らせ

フェイシャルエステ施術後の赤みが出ることがある?対処法もご紹介

 

フェイシャルエステの施術後に肌が敏感な人は赤みが出る場合があります。
フェイシャルエステの効果とその後のケアについてご紹介します。

 

肌が敏感な人がどうフェイシャルエステを受けたらいいのか、
エステサロンでの施術後のケアについても参考にしてください。

 

フェイシャルエステではどんなことが行われる?

フェイシャルエステでは、どんなことが行われるのかですが、まずカウンセリングからスタートします。
それぞれの肌の状態をカウンセリングし、肌の状態に合わせた施術が行われます。

 

首から上の部分を施術しますが、エステティシャンのプロの手によるマッサージが大きな効果をもたらすのが特徴です。
リンパの流れを良くしたり、血行を促進したり、専門的な機械で光エステやパックなども行われて効果をもたらします。

 

敏感肌の状態の人はどんな肌の状態?

フェイシャルエステの施術で肌が敏感な人がどんな状態にあるのかですが、
肌の表皮の最も外側の0.02mmの薄い角質層による肌のバリア機能が減っている状態です。

 

この角質層が肌の乾燥や刺激を守っているのですが、これらのバリア機能が低下している状態と言えます。

 

敏感肌は、角質層の細胞を結びつけるセラミドや脂肪酸などの細胞間脂質が少なくなっている状態です。
そのため、少しの刺激でも敏感になり、かゆみや赤みになったりします。

 

敏感肌では少しの刺激でも肌がヒリヒリすることがありますので、注意が必要です。

 

敏感肌にも様々な種類がある

敏感肌にも「乾燥肌タイプ」や「混合肌タイプ」「年齢肌タイプ」がありますので、
それぞれに気をつける必要があるでしょう。

 

「乾燥肌タイプ」ではカサカサ、ごわごわ、肌が粉をふくような状態の肌になります。
「混合肌タイプ」はカサカサすると同時に、部分的に皮脂がたまってテカった部分がある状態で、ニキビができたりするのが特徴です。
また、「年齢肌タイプ」は年齢によってカサカサしてハリやツヤがなくなります。

 

どれも肌を守るバリア機能がなくなった状態と言えます。

 

フェイシャルエステでもし肌に赤みが出てしまった場合は?対処法は?

敏感肌の人が施術後に肌に赤みが出てしまった場合はどうしたらいいのかですが、
施術後には好転反応という反応が起きます。

 

エステを受けたことで代謝が良くなって肌の赤み、かゆみ、ほてりやひりつき、湿疹、にきびなどができる場合があります。

 

施術後2~3日でこうした赤みやほてり、かゆみが出た場合は、肌をタオルなどでそっと冷やすようにし、
かいたりしないようにしてください。

 

常温の水を多めに摂取し、湯船につかってゆったりして保湿することも大切です。

 

ニキビなどができ、これまで溜まっていたものが吹き出す場合もありますので、
少し様子を見て、ひどい場合やあまり続く場合はエステサロンに相談してください。

 

それぞれの肌や状態によって、合う、合わないもありますので相談が必要です。

 

そして、できればフェイシャルエステは、カウンセリングをしっかりやってくれるところ、
またお試しの体験で試すのも心配を減らすおすすめの方法と言えます。

 

フェイシャルエステ後の赤みなどの好転反応とは

フェイシャルエステ後の好転反応とは一体何かですが、施術を受けて顔に溜まっていた老廃物が肌の表面に出て、
吹き出物ができたり、少し皮がむけたりする反応のことです。

 

肌が代謝をすることで一時的に起きる症状のために、軽い症状で続かなければ、その後は好転すると思うことができます。
通常は数日で自然に治ります。

 

ただし、治らない時は、相談をすることも必要です。

 

肌が敏感な人が注意したいフェイシャルエステの施術とは

そんな敏感肌の、肌のバリア機能が少ない状態の人がフェイシャルエステに行く際には、
どんな点に注意をしたらいいのかも知っておくといいでしょう。

 

薬剤を使って角質除去をするケミカルピーリングでも、強いものを使わないようにし、
肌に優しい「天然クレイ」や「発酵エキス」「セラミド」など、こだわったものを使うといいでしょう。

 

敏感肌にも優しいフェイシャルエステを受けるのがおすすめです。

 

また、長年の敏感肌の人は、バリア機能が弱まっている状態ですので、一度の施術で治るということはあまりありません。
フェイシャルエステを続けていくことで、段階を踏んで肌にうるおいが出てくるようになります。

 

肌の代謝も上がり、肌質が改善し、肌を強くすることができますので、その間、肌に充分な潤いを補充することが大切です。

 

肌のターンオーバーに必要なのはおおよそ4か月と言われています。
肌が生まれ変わり、敏感肌がふっくらとし、肌の厚みが増して弾力が出てくるには、
期間がかかることを知っておくといいでしょう。

 

フェイシャルエステ施術後に自分でやっておきたいケアとは

施術を受けた後に、自分でやっておきたいケアについてもご紹介します。

 

施術後から約5日後頃は、最も肌が新陳代謝をしようとしている頃です。
この期間が特に保湿が大切ですので、十分な保湿を心掛けるようにしてください。

 

フェイシャルエステの施術後の赤みは好転反応の可能性も知っておきたい!

フェイシャルエステ後には肌の代謝が促進され、施術後2~3日で一時的に赤みが出てしまうこともあります。
あまり長く続く時には心配ですが、一時的な場合はその後に肌が良くなっていく段階と言えるでしょう。

 

フェイシャルエステはすぐにきれいな肌になるというわけではなく、
リンパの流れを良くしたり、肌の代謝を促進したりするもので、約4週間程度で効果が良く出てくるようになります。

 

ゆっくりと肌の保湿を心掛けながら自分でケアしていくことも大切なことです。
そして、赤みが日頃から出やすい敏感肌の人は、肌を少しずつ強くするためにより保湿に気をつけるといいでしょう。

 

ゆっくりと時間をかけて肌質を改善することが大切です。
そして、もし途中で肌の状態が心配になってきた場合には、
エステサロンに相談して心配を減らした上で、続けていくといいでしょう。

三重県津市でフェイシャルエステからボディエステのことならセラピールーム ダヤにお任せ下さい。


会社名:セラピールーム ダヤ

住所:〒514-0813 三重県津市八幡町津225-1 ディーブルファイン八幡102

TEL:090-7309-1009[完全予約制]

営業時間 :10:00~21:00 定休日:不定休

業務内容:フェイシャルエステ・ボディエステ・ホットストーンセラピー

pagetop

/* CSS Document */