セラピールームダヤ ロゴ

tel.090-7309-1009

New&blog

お知らせ

美肌の基本は洗顔にあり


 

夏の肌は汗や皮脂で汚れがち。手抜きケアで済ませると、後悔すること間違いなし。

正しいお手入れが肌を育む基本です!

 

ベタつきがちな夏はクレンジング&洗顔が美肌を左右する

夏は皮脂や汗の量が過剰になります。

ベタつきを抑えたいからといって汗をかくたび何度も洗顔するのは×!

夏の強烈な紫外線は肌のうるおいを奪う要因であり、

汗をたっぷりかいて冷房にあたると、肌の水分がいつも以上に蒸散。

この時期の肌は想像以上に乾いています。

それに拍車をかけるのが手抜きケア。

 

夜のクレンジングと朝の洗顔を正しく行い、夏のダメージ肌をケアしましょう。

クレンジングの役割はメイクの汚れを落とすことです。

メイクの主な成分は油性であり、ほこりなど水溶性の汚れを落とすための洗顔では落とせません。

 

一方、クレンジングには界面活性剤というメイクの油分と水をなじませるための成分が配合されており、

その成分によってメイクを落とすことができます。

そのため、クレンジングと洗顔の役割は異なり、

メイクをしたときにはクレンジングを使って汚れを洗い流す必要があるのです。

 

夏は皮脂が増えるのでクレンジング剤は少し多めにしてみましょう。

クレンジング剤の量はさくらんぼ大です。

クレンジングの順番は、

あご

口元

鼻下

小鼻

鼻周辺

眉間

フェイスライン

こめかみ

目のまわり

 

の順番で洗っていきましょう。

 

ぜひ守ってほしい3つのこと

▶︎規定量を守りましょう

クレンジング剤の使用量が少ないと本来の機能を果たせず、しかもお肌との摩擦が起きてお肌を傷める原因になります。

決められた規定量をきちんと使って刺激を少なくクレンジングしましょう。

 

▶︎やさしくなじませて

汚れをしっかり落としたいからといって、ゴシゴシ洗いはお肌の負担になるため厳禁!

クレンジング剤は指の腹を使ってやさしくくるくると馴染ませましょう。

 

▶︎必ずぬるま湯で

熱いお湯は皮脂を奪うので、お肌の乾燥がひどくなります。

逆に、冷たすぎる水も毛穴を引き締めてしまい汚れが落ちにくいです。

必ずぬるま湯(30~32℃)で洗い流しましょう。

 

洗い流したら清潔なタオルでやさしく水気を取りましょう。

ゴシゴシとこするようにタオルで拭くと、摩擦によって肌に負担をかけてしまう場合があります。

清潔なタオルをポンポンと肌に当て、ゴシゴシせずに優しく水気を取るようにしましょう。

 

肌質別おすすめクレンジング

自分の肌質に合ったクレンジングをすることで、肌のターンオーバーを正常化し、

トラブルの起きにくい健康な肌を目指しましょう。

 

敏感、普通肌

▶︎リキッドソープ

 

敏感肌

▶︎ジェル

 

乾燥肌

▶︎ミルク

 

乾燥肌

▶︎クリーム

 

正しい泡洗顔で汚れをしっかり吸着

洗顔のポイントは「泡」です。

泡立てネットを使って、きめの細かい弾力のある濃密泡を作り、お顔にやさしく滑らせるようにしましょう。

「クレンジング+洗顔=ダブル洗顔」は肌に必要な皮脂を奪うため、

乾燥肌の方はクレンジング後の洗顔は控えた方が◎。

 

◯濃密な泡

泡が少ないと肌ダメージの原因となります。

弾力・密度が高い泡を作りましょう。

 

◯ぬるま湯

熱いお湯はお肌に必要な皮脂も奪うので、ぬるま湯(32~34℃)がベストです。

 

△ダブル洗顔

乾燥肌の方は、お肌に必要な皮脂まで落としすぎる場合があるので状況に応じて。

クレンジング・洗顔は正しい方法でおこなわないと肌に負担をかけて、肌悩みの原因となる場合があります。


三重県津市でフェイシャルエステからボディエステのことならセラピールーム ダヤにお任せ下さい。


会社名:セラピールーム ダヤ

住所:〒514-0813 三重県津市八幡町津225-1 ディーブルファイン八幡102

TEL:090-7309-1009[完全予約制]

営業時間 :10:00~21:00 定休日:不定休

業務内容:フェイシャルエステ・ボディエステ・ホットストーンセラピー

pagetop